初 海水浴

a0073144_70212.jpg


海の日を利用して、淡路島の海水浴場へ行ってきました。
場所は慶野松原というところ。ここには主人の会社の海の家と呼ばれているちいさな保養所があって、そこに1泊してきました。

子どもたちは初めての海に大喜び。娘ちゃんはず~っと浮き輪につかまったままちゃぷちゃぷ。 坊ちゃんは波が怖かったようで、波のこるところにちょこんと座って、わかめと遊んでいました。 私たちも、なんだかんだでちょこちょことおよぎ、テントで休憩してみたり、砂で遊んでみたりと、初日に2時間、2日目に2時間ほどあそびました。
日帰りだと、もっとめいいっぱい遊びたくなりますが、なんといっても保養所から海まで3分! 結局初日には4時ごろと、7時ごろにお散歩に出かけて、海を満喫してきました。


a0073144_70284.jpg

本当は夕焼けが見られるように、外で入浴と食事を済ませてきたのですが、結局雲で見られず。それでも、日が落ちてだんだんと夜になるのはいいものでした。

旅行というと、お互いの実家や親戚のある静岡や和歌山に行くぐらいで、あまりしたことがなく、ぼっちゃんは保養所にじいじかばあばがいると思っていたみたいでした。
でも、保養所の利用は無料だし(自炊だけど)、明石海峡大橋は1000円でわたれたし、お金のかからない旅行なので、できれば毎年いきたいなぁ。
ちなみに普段めったに外食をしないので、この時ばかりはと、淡路島でお寿司を食べて帰宅後に焼肉に行ってきました(笑)

そうそう、この旅で、唯一の? 痛い出費と言えば、子ども用のラッシュガード。
いるのか、いらないのか、散々迷い、ママ友や先輩ママに話を聞いて、結局購入。
娘ちゃんのは、フルジップアップで長袖120サイズ、息子さんは後ろにジップアップが付いていて半そで半ズボンのセパレート110サイズ。普段お下がりの洋服ばかりで買うことが少ないので、おお~高いなぁとかなり二の足を踏み、水着のバーゲンが始まってやっとかえました。
でもそのおかげで、娘ちゃんも坊ちゃんも隠れている部分の日焼けは全くなし。二人ともなんのダメージもなく帰ってきました。本当に必要なものにはちゃんとお金をかけないといけないなぁと思いました。
[PR]
by kamekameekko | 2010-07-20 07:23

夏産まれの娘・悠夏(のどか)と冬産まれの息子・柊貴(とき)、そしてマイペースな母・かめが綴る育児満喫ブログ


by nodokame