ぶどうがりに行って来ました。

a0073144_15393171.jpg町内会主催のぶどう狩りに初参戦!
(暑くて写真どころじゃなかったので、ぶどうではなく大きなかぼちゃですみません)

感想は……。

ぶどうよりもはっぱが気になるの……。

え?  は?  いやいや娘さん?

ぶどう狩りのぶどうって、袋に入っているんですよね。
だから木からはっぱと袋がぶら下がっている状態。
袋なんかどうでもいいからはっぱを取らせて~と大暴れ。
なだらかな斜面になっているので歩くに歩けないし、上にはぶどうがあって、大人が歩くのはかがまなくちゃいけなから抱っこするのも大変。
下はくさがいっぱいでこれまた気になる気になる。


ということで、あまり楽しめず(しかも異常気象でぶどうがとっても不作!)お土産分だけとってそそくさと撤収。

あれ~、なんだか残念ね、という親たちのムードとは裏腹に娘さんはお父さんとみんなでバスに乗ってお出かけが嬉しくてるんるん。
みんなでお弁当を食べている間もおりこうさんに椅子に座ってお食事。
お子様にはぶどうのジュースをサービスということで、しぼりたて(多分)のジュースをおいしそうにちゅうちゅう。終始ニコニコ。あら~、こんなこともあるのね。外面良し!だわ。

ぶどうがあんまりにも小さくて、損した気分だったので、お昼を食べた後の自由時間で、おいもほりに挑戦。
2株400円でとってもおおきなおいもが取れました。
娘さんは、かりたすこっぷを手につちいじり。
途中の下り坂で勢い余って一回転しちゃいましたが、とってもご機嫌な一日でした。








町内会主催なので、今回の費用は一人1000円。
お弁当は持参でしたが、ジュースにお茶、お酒、お菓子は食べ放題。
しかも帰りにはコーヒーとお茶とビールとお菓子が入ったお土産をくれました。
役員さんは大変そうでしたが7割がたおじいちゃんおばあちゃんで、子ども連れは多分、うちと同じような組長さんのようでした。
にしても、1年で2400円の会費をあつめているので、それがこんなことに使われているのだと(一升ビン持っておじいちゃんがついで回ってました。)思うと、ちょっと微妙。
[PR]
by kamekameekko | 2006-09-10 15:27 | あそび

夏産まれの娘・悠夏(のどか)と冬産まれの息子・柊貴(とき)、そしてマイペースな母・かめが綴る育児満喫ブログ


by nodokame