行くべきか、行かざるべきか。

うちの娘さん、過渡期にあります。

何の過渡期かというと、お昼寝の回数。

今まではちゃんと午前と午後1回づつだったのが、午後1回へと変わろうとしています。

となると……。

そう、こちらのリズムも変わってくるのです。

午前中のねんねで、家の片付け&掃除&昼食準備をしていたのが出来なくなり、なんとなくぐずるモードの、でも寝ない娘さんと過ごすことに。

お外に行くべきか、行かざるべきかそれが問題だ!
とばかりに、母は娘さんの様子を観察。
寝るかなぁ~、寝ないかなぁ~。う~ん、寝たら片付けしたいしな~。
よし!寝かそう♪


こういうとき、決まって母のたくらみは失敗に終わる。
そして母だけが眠くなり、娘はぶつぶついいながら一人で遊ぶことに。


お天気もいいんだし、おもいきってでかけちゃえばいいのよね~。

そう、思い切って。

少々散らかってても、洗濯が干せてなくても、食器があらってなくても?
いや、洗いたいし、干したいし、お昼の準備もしてから出ないと大変なのよ!!!

あ~も。子ども優先のきれいごとだけじゃ育児なんてできないのよ~!

うん、何事もほどほどだな。
子育ても、家事も。
そして自分の事もほどほどにかまってあげなくちゃ。
[PR]
by kamekameekko | 2006-10-31 22:28 | 育児

夏産まれの娘・悠夏(のどか)と冬産まれの息子・柊貴(とき)、そしてマイペースな母・かめが綴る育児満喫ブログ


by nodokame