カテゴリ:習い事( 19 )

前回はおお泣きだったプール。(正確には先生を完全無視の状態でした。)

が、なんと!!!!

今回はとっても楽しそうに泳いでいるではないですか!

2回目にして、何があったのか……。

1週間の間に、プールの話はあまり触れず、ただ、娘さんには、頭を付けて潜れると、1つ上のグループにいけるから頑張りなねと、お風呂の時に説明。息子さんには、水の中でぶくぶくができるとねえねと同じグループに入れて、ワッペン(レベルを示す)がもらえるんだよ~と説明。
赤ちゃんからやっているこの帽子にはそれは沢山のワッペンがついているんです。
子ども心に欲しいなぁと思った様子。


これがよかったのか、プールに向かう直前も、よ~し、ぶくぶくしてくるわ~♪ って気合い十分。
離れるときにやっぱりちょっと泣いたけど、娘ちゃんが更衣室からでててきてプールサイドにいたので、迎えに来てくれて収まり、体操も一応して、ちびちゃんチーム5人ほどで1時間、しっかりと遊んだり、泳いだりしてきました。

もちろんこの1週間でおお泣きしていた幼稚園にも楽しく通えるようになったのが、自信につながったのかなぁとも思います。

ひとまず、喘息の気もあるぼっちゃんなので、この調子で楽しんでもらえたらと思います。

ちなみに娘ちゃんは頭を完全に沈めて、水中で目をあける、というランクに兆戦中です。
水泳を初めて1カ月。初めての検定は5月にあります。

ちなみに、通っているのは市のスポーツセンターですので、他の水泳教室よりもまったり、ゆったりの進み具合だそうです。
[PR]
by kamekameekko | 2012-05-05 22:05 | 習い事
娘さんと息子さん、プールはじめました。(冷麺はじめました、みたいになっていますが)

私個人的には、プールが大嫌いだったので、できればやらせたくなかったんですが、娘ちゃんは泳ぐのが大好き♪ 夏に海や川にいくとず~っと入っています。
でも、息子さんは泳ぐのがというよりそもそも水が苦手。
ものすごく水着は似合うんですが、(そりゃ、キュートなお尻ですよ)テントでお菓子食べとくのがいいんです。
浮き輪に入れて、抱きかかえても、おお泣きです。

じゃ、娘ちゃんだけでもいいんじゃないの?どうして2人ともはじめたのか? というと、
市のスポーツセンターで開催するお教室にはプール、サッカー、体操などなどありました。
が、息子ちゃん、「ねえねと一緒じゃないといやだ!」といいだしました。
小学生の娘さんと、幼稚園の息子さんが一緒に同じ時間に習えるものは、プールしかなかったんですね~。
娘さんはもちろんプールで大喜び♪ 息子さんには何度も、別々にいくけど、体操教室はどう?と勧めたんですが、「ねえねと一緒」というのは譲れない条件だったようで、兄弟優先の枠に申し込み、抽選でどうにか当たりました。
ちなみに幼稚園年中~2年生までの間の兄弟が対象の枠で、25組。2人いる親としては入れ替わりで2時間潰れることもなく、一気にすむというとても素敵なクラスです。


1回目のお教室では、入学式当日だったこともあり、主人も一緒に行きました。
最初に屋外で説明があって、小学生は更衣室で自分で着替え、幼稚園は観覧席で親子で着替えをしてスタート。
息子さん、久しぶりに水着に着替えて入口に行ったまではよかったものの先生をみるなりおお泣き。
しがみついてきたので、もちろん引き剥がしてもらい、プールサイドの娘さんのもとへ。
一応、準備体操したりするんですが、しばらく泣いて、後は娘さんのほうを向いて微動だにせず。
先生も苦笑い(先生は6人います)
プールサイドにいっても泣いてばかりでな~んにもしませんでした。

もちろん娘さんはルンルンで顔をつけたり、とび跳ねたり、先生の指示に従って、いろいろしていました。


おわってから、もうやらない! と言っていましたが、ひとまず頑張ったね~と声をかけてすごいじゃんとほめてあげました。プールサイドから逃げ出すと思っていたので、いくらこわくて泣いても、一応逃げずに話をきいいて頑張れた、ということで、ほめてもちあげてひとまず終了。
さてはて、2回目どうなるかなぁ~。
[PR]
by kamekameekko | 2012-04-19 22:51 | 習い事

リズム運動会

毎年恒例の夏のリズム運動会に行ってきました。

行ってきた、というか、私はリーダーさんなので子ども世話は旦那さんまかせ。
去年5人いたリーダーさんが今年は2人しかいなかったので、もう一人のベテランリーダーさんについていく感じで、なんだかあっという間に終わっていました。

今年で3回目の参加で、初めての年はまだ柊貴におっぱいあげていて、競技の途中で寝ちゃったなぁとか、去年はリーダー一年目でてんてこ舞いだったなぁとかいろいろ思い出すことがあって、こうやって、家族の思い出を作っていくのかなぁとしみじみしてしまいました。

ひとまず、娘ちゃんの雄姿を!

a0073144_014791.jpg


 
 単純に、忙しいという点から毎回思うことは、リーダーをせずにいたらどんな子育てになっていたのかなぁということ。
私たちは、何かをしてもらうということに慣れていて、人に何かをしてあげるということには消極的になりがちです。それは大変だから。当たり前です。ただでさえ子どもに何かしてあげることで一日がつぶれるんだもの。
 でも、自分のためだけでなく他の人のために一生懸命に何かをする私の姿をみて、子どもたちが感じることがあると思います。それは気配りだったり、思いやりだったり、我慢だったり、感謝される、また感謝する気持ちだったり。
 やっと1年半たって、本当に大変だったけれどこれでよかったんだなぁと思えるようになってきました。あと1年半、(坊ちゃんが幼稚園に入るまで)がんばりたいと思います。
[PR]
by kamekameekko | 2010-07-24 00:23 | 習い事

運動会☆

娘さん、人生初の運動会に参加してきました!

a0073144_4292259.jpg


お友達と手を繋いで、風船を落とさないように真剣です。
a0073144_4293799.jpg


初の玉入れ…かごが下においてあるので一生懸命めがけて投げていますがなかなか入りません。
a0073144_4294862.jpg



今回の運動会は、毎週いっている親子リズムという会で行ったもの。(新婦人の会西宮北班 親子リズム) 公民館の広い講堂をかりての運動会。赤ちゃんから幼稚園児(兄弟の小学生も)まで総勢56人&大人70人での運動会でした。
私はじゃんけんで負けて役員になっていたので、朝8時50分に家族全員で会場入り!
ばたばたと準備をして(といっても毎年の事なので、みなさん慣れたもの。後についてお手伝いお手伝い。)いざスタ~ト!
最初は、いつも親子リズムでやっているリズム体操をみんなでしてウォーミングアップ。
その後、赤ちゃんから順に種目をこなし、娘さんの種目は…大きなダンボールキャタピラで進み、帰りはお手製の冠に風船を落とさないように帰ってくる、という内容。
それから大人の3人4脚や、子どもの綱引き、玉入れ、パンくい競争&おやつタイム、そしてアヒルのダンスとにんげんっていいなを最後に踊って終了。
息子さんも赤ちゃんの競技に参加しましたが、なんと、なんと、順番を待っている間に就寝!
大半を寝て過ごし、終わりごろにご機嫌で起きてきました。(おかげで楽チンでしたが。)
荷物に埋もれて眠る息子さん。
a0073144_4453571.jpg


11時半には全ての種目もおわり、お開きとなりました。
室内なので、冷房の効いた中のとっても快適な? 運動会でした。
娘さんは、とても楽しかったようで、自分なりにはとっても早く走ったりして頑張ったそうです。

4月から初めて3ヶ月が過ぎ、メンバーとも仲良くなって、親子共に楽しい時間が過ごせています。
[PR]
by kamekameekko | 2008-07-06 04:52 | 習い事

習い事あれこれ。

4月からはじめた習い事。
本当は1つだけにしようと思っていたのですが、事の成り行きでなぜか2つも行くことに。

こちらは新婦人の会でやっている 親子リズムでちょうをつくって遊びまわっているところ。
a0073144_6473939.jpg


こちらは ぴよちゃんというサークルでつくったもの。
a0073144_6482131.jpg


親子リズムは、本当に親子で動きまわって遊びます。手遊びしたり、マッサージしたり、毎回工作もしますが、おもちゃを作るといった感じ。
娘さんは、本当にいきいきと走り回って楽しそう♪ (西宮北口周辺の方興味があればご一報くさい。あ、新婦人の会は全国にありますよ。)
柊貴がいるので、娘さんとちゃんと向き合うためにもいい時間。
親として、子どもの反応を間近でみれるし、子育てをするための会かなぁ。
(とはいっても息子さんも一緒ですが、彼はマット上に寝かされて、寝返りをしたり、ああ~いったりしてみんなが走り回っているのをしずか~に観察していてほとんど泣きません。)

ぴよちゃんは、なんと、なんと、子どもを預けてする習い事なんです!
ひゃっ。
4,5月は親も一緒でしたが、6月からは子どもだけ。
初めての事に、娘さんはちょっと悲しそうでしたが、先生からは、「しっかりしていて上手にできました。」とのこと。
内容は、歌をうたったり、工作したり、踊ったり。ミニミニ幼稚園って感じです。
一応それらしく、スモッグもつくってあげてもりあげてみましたが...ま、母の息抜きのためにも1年通ってもらいます。

家計的にも苦しいので、初めは幼稚園でやっているものに参加しようと思っていたのですが、なにせ5歳児で公立幼稚園に入るのは抽選で半分ぐらいかなぁ...というぐらい子どもが多い区域。4歳児向けにやっている教室に90人(親も入れたら180人)もきているらしく...。むろん3歳児なんてあいてにされていないし。私立の幼稚園がやっているのももちろん一杯で、申し込みにいった時点で、入園の予定があるか、兄弟が在園でないと、といわれてしまい...(もちろんそれなりにお値段もかかりますし)ちなみに、ぴよちゃんも抽選でした!
結局? サークルに参加する形になりました。 (費用は2ついっても5千円ぐらいです)

教育熱心、とはまた違うかなぁ。
親子の間では世界の広がりに限界があります。
もちろん、親子の間だからこその濃密な関係も大切ですが、そこに、違う立場の人や、お友達、そのお母さん、そういった人と人との間にあって初めて人間らしいということが育っていくのだと思います。
生きていく力は、考える力、人と関わっていく力、行動する力。
いろんな力があつまってできています。
ちゃんと自分の足で立てる人間になってくれたらいいなぁ。
[PR]
by kamekameekko | 2008-06-08 07:19 | 習い事

親子リズム

4月から、新しく親子リズムという習い事(?)に通い始めました!

a0073144_14352757.jpg

↑真剣にこいのぼりを作っています。

新婦人の会というところがやっているので、いわゆる先生と生徒といった習い事ではないですが、同じ年頃の子と一緒に歌ったり、体を動かしたり、工作したり。
月に3回ですが、親子ともども満足いく時間になりそうです。

西宮に越すことになったのが丁度去年の今頃。
去年は、つわりでせっかくのGWもどこにも行かずに家にいたなぁとか、あのころやっとブランコにのれるようになったなぁとか……。
いろんなことがとても懐かしく、そしてあっという間の1年だったなぁとしみじみ。

ここにきて、毎週の習い事や月に2回の図書館通い、お友達の家で遊んだり公園でも顔見知りができてちょこっとでも育児のことについてはなすことができたりして、生活にリズムが生れて私の中のリズムも整ってきたように思います。
すこしだけれど、ミシンを出してカタカタできるようになったのもその証拠かなぁ。



心地よいと思える毎日がやっとやってきました。
いろんな不安や、寂しさや、疲れをそっと解くように
穏やかな風が通り抜けます
母親になるってこんなにパワーのいるものだとは知らなかった。
でも、おかげさまで 
なんとかこれからも 素敵な毎日をすごせそうです。

娘さんに息子さん、(それから旦那さんも)どうもありがとう。
[PR]
by kamekameekko | 2008-04-22 14:53 | 習い事
慣れとは恐ろしいもの。
4月からはじめた習い事「音の幼稚園」で、前回は名前を呼ばれて先生の持っているタンバリンを叩けるようになった娘さん。(その後ろで、びっくりしていた私)
今回はなんとレッスンの終りに配られる出席カードも、名前を呼ばれて自分で取って帰ってきた!
途中で遊んじゃうかなぁと思いつつもついていかずに待っていたら、ちゃんと嬉しそうにカードをかかえて帰ってきました。

あら、意外とやるじゃない。

じぃ~っとみてるもんねぇ。

内心、ひやひやしてるのよ。お菓子のありかがばれて、自分で食べだすんじゃないかって。

そんな知恵もあんな知恵もついちゃうのね。

最近はインターホンを押してみたり、お店でポイントカードを渡してみたり、ありがとうやごめんなさいができるようになって、ますます子どもらしくなってきた。
はぁ、そろそろ私も 親・ら・し・く ならなくてはっ。
[PR]
by kamekameekko | 2006-10-03 21:35 | 習い事

音の幼稚園

簡単なリトミックを取り入れた 音の幼稚園 という習い事に通って半年。

今回初めて出来たことがあります!
それは…
 名前を呼ばれたら先生のところまで行き先生の持っているタンバリンを叩く 
                                       ということ。 
先生が名簿をみながら順に呼んでいって 返事をしてからたたきに行くのですが、返事はまだ出来ず。
しかし名前を呼ばれたら、私の元を離れてすたすたと先生のところへ行き、タンバリンをトントントンと3回も叩いて帰ってきました。

おお~! 出来た!

正直出来ても出来なくても気にしていなかったので、突然出来てびっくり。
お教室に通っている中では一番小さいので、あの子が出来るのにうちの子がなんて思わないし、まだまだ内容的には難しいので出来なくて当然。楽しそうにしていたら◎。
音にあわせて周りのみんなが一斉に踊りだしたり歌ったりするのをじっと見ていることが多くなったので、もしかしたらそのうち、ああ~とかうう~とか歌いだすかも知れません。

伝えたいこと
[PR]
by kamekameekko | 2006-09-19 22:53 | 習い事
音の幼稚園というリトミックを取り入れて絵を描いたり歌ったりするお教室に通って半年がたちました。

半年の成長というと…

まず、娘が身体的に成長しました。
抱っこだったのが、はいはいを通り越して、今ではあんよ。
人が歌っていればじっとみてときよりまねをするし、手をたたいていれば一緒に拍手!
とこんな具合です。

まだ、リトミックの要素である音にあわせて動くという事はあまり出来ません。
それよりもきれいな音をだすピアノそのものに興味が惹かれるようです。
フラフープなども楽しいものだという事は分かっていても扱いきれずにいます。
もちろん集中力もないので、踊っているみんなと一緒になってわいわいしていたかと思うと、床に落ちているごみがきになっていじいじしたり…。

この半年で、娘さんの性質が分かって来ました。
どんなものかというと、外ではいたって機嫌がいいということ。
滅多にぐずることはありません。
眠たくても遊んでいれば、とりあえずは限界まで大きく愚図ることはないのです。
(その代わり、帰りの車に乗ってドアを閉めたら寝ていたなんてことはしばしばです)
周りをみて物怖じするわけでもなく、一緒に楽しんでいるところは、きっと私に似たんだと思います。

つまり、お外ではご機嫌ベイビーなわけです。
実際、今日も先輩ママサンさん3にんから一度もぐずったところをみたことがないけれど、いつもご機嫌なの? と聞かれました。(しかも3人別々に)
大きなクラスでも、やっぱり眠たくなると甘えて愚図る子は何人もいます。
今日も後半は5人ぐらいお母さん抱っこで受けていました。

いまだけ、こういう性格なのか、ずっとこのままか分かりませんが、とりあえず親としてはおりこうさんなので感謝感謝であります。

習い事は
[PR]
by kamekameekko | 2006-09-05 21:43 | 習い事

音の幼稚園

前回小さい組(3歳以下)で少々落ち着かない思いをしたので、先生の助言もあって、今回は大きい組(3歳以上)に参加。

内容は…

動物さん体操
タンバリンでお返事
クレヨン(お魚のうろこをかく)
リズム遊び・海のお散歩(海におでかけしてであった魚に変身)
どれみふぁその歌
月夜の晩に

大きい組は先生のお話をちゃんと理解して受け答えができる年齢の子達ばかりなので、やっぱり落ち着いて参加できました。

私のお気に入りは最後に熱唱&ダンシングした 月夜の晩に です。
やっぱり踊って育ってきた私は踊りとなると俄然嬉しくなってやる気になります。

ああ、いつか娘とダンスしたいなぁ。
[PR]
by kamekameekko | 2006-08-22 21:42 | 習い事

夏産まれの娘・悠夏(のどか)と冬産まれの息子・柊貴(とき)、そしてマイペースな母・かめが綴る育児満喫ブログ


by nodokame